WRITING

ライティングで使える5つの技術

ライティングで使える5つの技術

ライティングで使える5つの技術

本項目では、ライティングで使える技術についてご紹介していきます。

今回、ご紹介する5つの技術は下記のものです。

  1. PREP法
  2. SDS法(ホールパート法)
  3. QUESTの法則
  4. AIDMAの法則/PASONAの法則
  5. CREMAの法則

PREP法

まず、1つ目はPREP法です。PREP法の中身は下記のようになっています。

  1. 結論(Point)
  2. 理由(Reason)
  3. 具体例(Example)
  4. 再結論(Point)

「ライティングで稼ぐ方法」を例にして、見ていきます。


ライティングで稼ぐためには、営業が大事です。

なぜなら、営業しないと売上が加速しないからです。

例えば、「リンゴを売りたい」と考えた時に、営業をしないで売ることは難しいです。

リンゴはありふれている商品なので、「他のリンゴと何が違うのか?」などのことを伝えないと売れません。

このように、ライティングで稼ぐためには営業が大事です。

このように文章を構成することで、読みやすく筋の通る文章を書くことができます。

SDS法(ホールパート法)

2つ目はSDS法です。SDS法の中身は下記のようになっています。

  1. 概要(Summary)
  2. 詳細(Details reason)
  3. まとめ(Summary)

「SEOで上位表示させるために必要なこと」を例にして見ていきます。


SEOで上位表示させるために必要なことは大きく2つあります。

1つ目は、ユーザー目線のコンテンツを作成することです。

ユーザーになるコンテンツを作成することで、そのコンテンツは多くの人に見られます。

多くの人に見られることは、良いコンテンツということができます。そして、良いコンテンツを作ることで、Googleにも良いコンテンツと認識されます。

Googleに良いコンテンツと認識されると、検索順位が上がる可能性が高まります。

そのため、ユーザー目線のコンテンツを作る必要があります。

そして、2つ目はクローラーに認識してもらうための施策をすることです。

SEOでは、実際の評価をするのは機械です。そのため、作ったコンテンツを機械に認識させることも重要な施策です。

具体的な施策には、サイトマップの送信やタグ、キーワードの挿入などが挙げられます。

SEOで上位表示させるためには上記の2つを押さえることが重要です。

このように文章を構成することで、読みやすく筋の通る文章を書くことができます。

複数のポイントや選択肢があるときには、効果てきめんなので、ぜひ使って見てください。

QUEST法則

まず、3つ目はQUEST法則です。QUEST法則の中身は下記のようになっています。

  1. 絞り込み(Quality)
  2. 共感(Understand)
  3. 啓発(Educate)
  4. 興奮(Stimulate)
  5. 変化(Transition)

ここでは「筋トレしたい人に向けたサプリメント」を例にしていきましょう。ターゲットは男性とします。


もう一度あの頃の体型になりたいと思っている方はいるのでしょうか?

「今から筋トレをしても、もう遅い」や「仕事が忙しくてそれどころじゃない」と思っているかもしれません。

その気持ち、とてもわかります。僕自身も一日12時間以上働きながら、筋トレとか無理と思っていました。

このように忙しい方にオススメしたいサプリメントが、HMBサプリメントです。

プロテインと違って、水があれば飲めるため、手間を省くことができます。しかも、筋トレ前にこちらのサプリを服用し、30分間強い運動をするだけでよいのです。

今なら30日間の無料体験ができるので、ぜひ試してみてください。

このように文章を構成することで、セールスライティングをする際にはかなり使える法則です。

AIDMA法則/PASONA法則

まず、4つ目はAIDMA法則です。AIDMA法則の中身は下記のようになっています。

  1. 注意(Attention)
  2. 関心(Interest)
  3. 欲求(Desire)
  4. 記憶(Memory)
  5. 行動(Action)

4つ目の法則に似たものとして、PASONA法則もあります。PASONA法則の中身は下記のようになっています。

  1. 問題(Problem)
  2. 親近感(Affinity)
  3. 解決策(Solution)
  4. 提案(Offer)
  5. 絞り込み(Narrowdown)
  6. 行動(Action)

ここでは、化粧品の新製品をリリースを想定して作っていきます。


日本人は肌が乾燥しやすいと言われてます。実際に、私はその1人でとても乾燥肌でした。

あらゆる化粧品を試してきましたが、なかなか思ったような効果が出ませんでした。

そして、そのような悩みを持っている方を調査したところ、思っていた以上の方が悩んでいました。そこで開発したのが、この商品です。

この商品では、週4回塗れば、肌の潤いを保つことができます。

仮に、週5回以上、こちらの商品を使用して乾燥肌が治らない場合は全額返金致します。

実際に使用した方の声は以下の通りです。

「実際に使ってみたけど、効果が顕著に出ました。保証も充実しているので、安心して使うことができました(20代・男性)」

今なら、1本無料でお試し頂けますので、ぜひお試しください。

こちらの法則も、セールスライティングをする際にはかなり使える法則です。

CREMA法則

まず、5つ目はCREMA法則です。CREMA法則の中身は下記のようになっています。

  1. 結論(Conclusion)
  2. 理由(Reason)
  3. 証拠(Evidence)
  4. 手段(Method)
  5. 行動(Action)

ここでは、「おすすめ商品を紹介する際に最適な数」を例にして、文章を考えたいと思います。


サービスや商品をおすすめする際には、「9以下」が最適と言われいます。

人間は、多くの選択肢がある場合、最適なものを選ぶことができないためです。

その証拠に、ある実験では「多すぎる選択肢は人間の購入率が下がった」という研究もあります。

サービスを紹介する際には、最低でも2つ以上、最高でも9つ以下にすることが理想です。

もし、9つ以上の選択肢を提示しているなら、厳選して紹介することと売上が上がるかもしれません。

ぜひ試してみてください。

こちらの法則も、セールスライティングをする際にはかなり使える法則です。

参考になる本

下記のサイトでは、ライティングでオススメの本をご紹介しています。