WRITING

【初心者】ライティングで稼ぐ方法を考えてみた

【初心者】ライティングで稼ぐ方法を考えてみた

ライティングの副業は初心者からできるのか?

初心者からライティングの副業を行うことは可能です。

ライティング自体は、小学校から行っているのでちゃんと勉強してきたなら余裕でできます。

もし仮に、勉強していなくても、本記事で紹介する勉強をすればそれなりに上がると思います。

ライティングを向上させる方法

ライティング力をつけるためには大きく3つのことが必要です。

  1. ライティングの基礎を学ぶ
  2. 受注して数をこなす
  3. フィードバックをもらえるクライアントを選ぶ

本項目では、上記の3つのライティングを向上させる方法を見ていきます。

ライティングの基礎を学ぶ

1つ目の方法は、ライティングの基礎を学ぶことです。

こうした基礎を覚えることで、クライアントの満足度や信頼を得ることができます。

また、基礎を押さえることで、応用をすることができます。

ライティングの基礎を学ぶことの大切さを「歴史の勉強」を例にして、見ていきたいと思います。

歴史を勉強するとき、細かい知識を一つ一つ覚えるよりも、ザッと流れを押さえた方が理解がしやすいです。

ザッと全体像を覗き込んで、ターニングポイントとなった出来事を覚える。そして、その後に細かい知識をつける。

このようにすれば、本来点である知識が線になります。線になった知識は、歴史だけではなく違うシーンでも使えるものになります。

このように、ライティングの基礎を覚えることは確実に意味があることなのです。

ちなみに、ライティングの基礎は型を押さえることです。

代表的なライティングの方は、下記の通りとなります。

  1. 主張や結果
  2. 理由や原因
  3. 具体例
  4. 再主張

受注して数をこなす

2つ目の方法は、受注して数をこなすことです。

ライティングの場合、初心者から受注できることが多いです。

ライティングの案件数

もちろん、その分単価は安いですが、学びながらお金をもらえることはそうそうあることではないです。

最初、単価が安いのは仕方がないので、「どうやったら自分の市場価値をあげれるか?」という視点をもって、勉強することが良いかと思います。

フィードバックをもらえるクライアントを選ぶ

最後は、フィードバックをもらえるクライアントを選ぶことです。

右も左も分からない初心者の場合、作ったコンテンツのフィードバックはかなり使えると思います。

どうしても、ライティングをしていると「これで完璧!」みたいな瞬間があるかもしれません。

しかし、実際に評価するのは読み手なので、自分は良いと思っても、そうではない場合があります。

最初は「わかってくれない!」と感じるかもしれませんが、後々にちゃんと効いてきます。

ライティングはどれくらい稼げるのか?

初心者の場合、1文字あたり0.5円〜1円くらいまでが相場かなと思います。

レベルアップしていけば、5円や10円も可能になります。

有名編集者さんくらいになれば、1文字10円ということも聞きますし、本当に努力次第という感じです。

初心者の収入を月単位でいうと、最初は1万円〜5万円くらいだと思います。

ライティングの将来性は?

ライティング自体の将来性はあると思います。

ただし、掛け合わせる必要があります。

例えば、「クライアントから的確に要望を組み取ってライティングができる」や「実際に体験したことをベースにライティングができる」などは強いと思います。

掛け合わせるものは、たくさんあります。

そのため、ご自身の好きなジャンルとライティングを掛け合わせれないか、調べてみるのはアリかもしれません。

ライティングのデメリットはあるのか?その対策方法あるのか?

ライティングのデメリットは「競合が高くて、単価が低い」があります。

本項目では、このデメリットが起こった原因とその対策方法をご紹介していきます。

競合が高い&単価が低い

ライティングは、とにかく競合が高い上に単価が低いです。

この状況になっている原因は、あまりにもライターの数が多いからです。しかも、ライターの実力差は天と地ほどの差があります。

この対策方法はかなり淡白になりますが、「ライティング×〇〇」のように掛け合わせるしかないと思います。

あと、ライティングといってもさまざまあります。

例えば、心理学を用いたコピーライティングはかなり使えると思います。

逆に使えないのは制限を自分で変えることができないライティングです。

例えば、SEOライティングとかです。(そもそもSEOライティングという概念自体、本当はないんですが…ここはあえて書いておきます)

これからライターとして活躍することを考えるなら下記の2つでせめることが良いかなと思います。

  1. 「ライティング×〇〇」
  2. コピーライティング

本記事は以上となります、ぜひ、参考にしてみてください。